産後は骨盤が開いたり歪むことによって様々な症状がでます。

ニュース

産後の骨盤の歪みが引き起こす症状の例

産後は骨盤が開いたり歪むことによって様々な症状がでます。

たとえば、産後に体重が戻らない、むくみや冷えが気になりだした、下半身太りの体型になった、妊娠中の腰痛が産後も続くなどがあげられます。

これらは、下記の図のように骨盤の歪み方によって症状も異なってきます。

骨盤の歪みが、前傾タイプであればお尻のでっぱり、後傾タイプであればぽっこりお腹、開きタイプであれば下半身太り、左右への傾きタイプであれば外反母趾、ねじれタイプであれば肩こりや腰痛を引き起こします。

そのため、産後は歪みが生じた骨盤や広がった腹筋を正すなどケアしていくことが重要です。

MJG接骨院・整体院は産後ケアを得意としており、産後の体調変化でお悩みの方はぜひお越しください。

産後ケアについて詳しくはこちらをご覧ください。

ニュース一覧に戻る

おすすめコースと料金